やったぜ!!悪性リンパ腫宣告。by龍神

 

 

menu

■ 治療日記
 ≫ TOP
 ≫
入院前
 ≫ 入院中
 ≫ 退院後
 ≫ 再入院
 ≫
経過観察
 ≫
経過観察2
 ≫
経過観察
NEW
      2009年4月以降 
■ 悪性リンパ腫とは
 ≫ どんな病気?
 ≫
根本原因
 副作用
 治んの?
■ その他
 ≫ ゲストブック
 ≫ LINK
 
  

 

治療日記  〜〜〜再入院〜〜〜

2008年2月21日

再入院になってしまいました。

またちょこまかと検査です。

今回は腫れがぷよぷよしており、前回とちょっと

違うのはわかっているのですが、改めて耳鼻科の

先生に触診してもらったら、「リンパかどうかはっきり

しない」とのこと。造影剤を使ってまたCTを撮り直し

ました。その結果が出る頃には、19日に撮ったPETの

結果も出る頃なので、はっきりするのでしょう。

「リンパ腫の再発じゃありませんでしたぁ」、という落ち

はさすがに期待しないほうがよいのでしょうね・・・ 

  menu

2008年2月23日

最初の治療が始まったときはあまり深く考えていませ

んでしたが、それで治らなかったとなるとやはり

ナーバスになります。

本当に抗がん剤治療を続けてよいのだろうか?

他にもっとよい治療法があるんじゃないか?

いや、このままほうっておけば実は治るんじゃ?

アガリクス、フコイダンて効くのだろうか?

民間療法は?

などと考え始めるのです。

でもそれは情緒不安的になっているからであって、

基本的には病院の先生の言うことはまんざら嘘では

ないわけですから、従うしかないのでしょう。

実際自分で調べてみるとわかるのですが、何が一番

よいのか結論が出ないんです。

もし抗がん剤治療よりよいものがあるのであれば、

しっかり統計情報と共に明るみに出てくるはずです。

仮に高価な薬草のようなものがあるとしても、

99%の人が治りますという統計情報が付随してれば、

迷わず買いますよね?でもそれが実際には探しても

見当たりません。だからやっぱり世界的に標準とされ

ている療法に従うことになってしまうわけです。

最初のR-CHOPをやっているときは、これで治らな

かったらもう抗がん剤治療はやらんと思ってました

が、実際その立場に立たされると、混乱します。

でも冷静に上記のように考えると、救援療法をやるし

かないなと覚悟ができます。

menu

 

2008年2月24日

まだ投薬が始まるわけではないので、合間をぬって

帰宅しました。

突然の再入院なのでノートPCの準備などできておら

ず、自宅でしか日記が書けません・・・

取り急ぎMP3プレーヤー(今はそう言わないのか?)

だけ買って病室での数日はしのぎました。

が、しかし!!!このプレーヤーUSBでしか充電

できないので早くノートPCを持っていかねば。

DELLで注文したのですが届くのは3月の頭のようで、

もうちょっとかかりますね。キャンペーンで

イーモバイルの抱き合わせ契約をやってたので

これもひとまず申し込み。これでネット環境はOKの

はず。今回の入院は長そうなのでレンタルはやめ

ときます。あとはUSBワンセグチューナーも買ったの

でTVも見られるはず。よし。なんとかなるだろ。

それにしても再入院とは・・・

点滴の種類の中に、赤い色のものがひとつあるの

すが、最近紅茶を見ると若干気持ち悪くなるのです。

あまり闘病生活が続くと若くても滅入ってきますね。

でももっと大変な目にあってる人もいますからね、

元気出していきましょう。

  menu

 

2008年2月27日

今日の日記は長めです・・・。

実は今日退院しました・・・。

一時退院ではありません・・・。

・・・・・・・。

ご説明します・・・。

PETの結果が出まして、悪い細胞は検知せず。

造影剤を使ってのCTで、悪い細胞は検知せず。

骨髄穿刺で悪い細胞は検知せず。

CTを見直した耳鼻科の先生いわく、

「皮様嚢腫(ひようのうしゅ)です。リンパが腫れている

のではありません。良性のものです。以上です。」

ほえ???ひようのうしゅ???

ひとまずリンパの腫瘍が再発したのではないらしい。

全然関係ない良性の腫瘍とのこと。原因不明。

いやいや、場所としては、当初リンパが一番腫れた

所とまったく一緒なので、何の因果関係もないと

考えるのは難しいでしょ?!

でもそういうことらしい。気になってしょっちゅう触って

たのが良くなかったのだろうか・・・。

今後あまりに腫瘍が大きくなるようだったら外科手術

などもあり得るけども、基本的に放置だそうだ。

ほ、ほんとですか??大丈夫かいな?

今後は、リンパ腫も含めて経過観察になるようです。

”ひようのうしゅ”も首が腫れているのですが、ネットで

調べてみると、どうも卵巣の話ばかりで要領を得ま

せん。よくわからない。まぁでもリンパ腫の再発でない

ってことでよかったのか。

・・・・・。

・・・・・。

・・・・・。

ん?この感情は何だ?嬉しいことなのだろうが、

そうでもないような、何か引っかかるような・・・。

いや、そりゃよかったんだよな。うん。う〜ん、ん?

 

ちょっと気持ちを整理してみよう。

この1週間、それなりにへこみましたし、正直再入院

と言われた時は吐きそうでしたよ。

R-EPOCHをやるということを言われたのですが、

治る率を聞いたら5割程度とのことで、コイン投げと

変わらんじゃないか・・・と思いました。もちろん、

この率は年齢や病気の進行状況によって全然

変わってくるものと思いますが、そんなギャンブルに

命を懸けなきゃなんないのかぁ、このギャンブルは

辞退不可能なの?と往生際の悪いことも考えました。

半年ほどの入院が想定されましたし、それなりの覚悟

をもって入院生活に入りました。

その半年で人生についてゆっくり考えて、退院すること

ができたら、つなぐことができた命を大切に、その日

の生活を大切に、周りの人たちを大切に、新たな人生

を歩んでいこうと思ってました。

ところが1週間で退院になってしまいました。

なんというか、人生についてまだじっくり考える前に、

出勤せねばという状況に舞い戻ったわけで、これは

これで精神的にストレスを感じます。

こうなると、聞こえ始めていた心の声が聞こえにくく

なってきます。まずはこの1週間で聞こえた声を

まとめておきます。

 

1このサイトは多くの人に勇気と希望とお笑い、いや

 笑顔を届けることを目的にこれからも更新してい

 こう。

2生きていることはそもそも奇跡だ。1日を大切に生き

 よう。

3一度しかない人生、やりたいことをやるべきだ。

4この世の中は、各人が世の中に貢献することによっ

 て成り立っている。お金はその各人の貢献活動の

 恩恵を交換しあう手段に過ぎない。

 

こんな感じかな。このようなことをもっと掘り下げて

ゆっくり考えるつもりだったのです。

でも今は雑音を感じ始め、心の声が聞こえにくくなって

しまいました。

この辺が、”ひっかかる”理由なのだと思います。

このままだと、これまでと同じ生活に引き戻され、

何もかわらないんじゃないかと懸念しています。

悪性リンパ腫というのはそんなに多くの人が経験

することでもありません。その経験が無駄になってし

まうことを恐れているのでしょうか。

今はどうしていいのかはっきりわかりません。

でもひとつ感じることがあります。なんで、この訳の

わからん”ひようのうしゅ”ができたのかってことです。

これは、今回の経験を忘れるなという神様からのプレ

ゼントなのかも知れないって思うのです。外からの

見た目は悪性リンパ腫とあまり変わりません。

これからもこいつと共に生き、1週間のうちに聞こえた

心の声をしっかり意識していけってことでしょうか。

これまでと同じ生活に引き戻される前に、何か手立て

を打てないか考えることにします。

 

もちろんこのサイトの更新は続けるつもりです。

まだ私も予断を許さない状況ですし、今後何が起きる

かわかりません。とにかく多くの人の参考になる情報

を提供できたらと考えています。

 

さて・・・、長期入院のために注文したノートPCと、

イーモバイルの契約・・・・どないしよ・・・・。

  menu

 

 

Copyright (C) 2007-   やったぜ!!悪性リンパ腫宣告。by龍神   All Rights Reserved.